空色堂の研究室。空色堂ラボ。

カバンの中で絡まるUSB充電ケーブルを1本にまとめてスッキリ!

こんにちは、空色堂(@SorairodoJP)です。

もうすぐ新型のiPhone(6s)が発表されるのではと噂されていますが、相変わらずiPhone5sを使用しています。

日常使用している中では、不都合を感じることは少ないのですが、iOS8にアップデートした頃から、まれに動作がもたつくことがあります。

次の新型iPhoneが出たら買い替えを検討する時期なのかもしれません。

スポンサーリンク

さて、そんなiPhoneですが、使用状況によっては、丸1日バッテリーが持たないため、モバイルブースター(モバイルバッテリー)と、充電用のUSBケーブルを持ち歩くことにしています。

充電用のUSBケーブルは、当初apple純正のケーブルを持ち歩いていましたが、長さが1mほどあり、モバイルブースターとともに持ち歩いて使うには、かなり長さが余ってしまい、外出先では邪魔になることも少なくありませんでした。

そこで、外出先で使用する用途で、常にカバンの中に入れておくための短いケーブルを探していました。

純正ではありませんが、短いタイプのLightningケーブルも、いくつかありましたが、「Kindle」など他の機器の充電にも併用できるよう、短いUSBケーブルと、「Lightning – Micro USBアダプタ」の組み合わせで使うことにしました。

以前、無印良品で見つけた、長さ15センチのUSB A(オス)/USB microB(オス)端子のケーブルUSBケーブルとの組み合わせで使用しています。

モバイルブースター(モバイルバッテリー)と組み合わせても、長すぎて邪魔になることもなく、取り回しが容易になりました。

この組み合わせで、USB-mini、ライトニング(Lightning)の両方の充電ができるため、複数のケーブルを持ち歩いて、使用する際に絡みあってしまうというようなストレスからも解放されました。

充電用に持ち歩くケーブルは短くすることで、外出先での取り回しも楽になり、本数も必要最小限にすることで、かばんの中に入れ忘れたという様なリスクが減らせますね。

スポンサーリンク

関連記事

follow us in feedly