空色堂の研究室。空色堂ラボ。

計算機(電卓)と電話のプッシュボタンは、なぜ配列が違うのか!?

こんにちは、空色堂(@SorairodoJP)です。

仕事で毎日使用する、計算機と電話。

ネットやパソコンで仕事をしている現在でも、まだまだ職場では活躍しています。

計算機と電話ではボタンの配列が異なる

しかし、そんな計算機や電話を使っていて、
私だけかもしれませんが、交互に使用していると、ボタンのミスタッチが起きます。

ボタンの場所を指が覚えていて、プッシュする時に、数字の「7」のボタンはここだなと思いブラインドタッチでプッシュするのですが、押したボタンは「1」のボタンだったというような事が良く起こります。

スポンサーリンク

たかだか、10個あまりのボタンであるのに、まだまだ場所を覚えきれていないんだなと思いますが、実はそれぞれのボタンの配置に原因がありました。

そのために、ブラインドタッチをした際に、あると思って押した場所には違う数字のボタンがあるという現象が起きていたわけです。

すでに知っているという方も多いかと思いますが、なにを言っているのかわからないと言う方は、こちらの画像を見て下さい。

キー配列の比較

いまさらですが、電話と計算機では、ボタンの配列が違うんです。

電話のキー配列

左上から順に「1」、「2」、「3」と、奥から手前に順に配列されて、一番手前には「0」がきます。

電話のキー配列

計算機のキー配列

手前に「0」のボタンが配列されているのは同じですが、そのすぐ上に左下からから「1」、「2」、「3」と手前から奥に向かって数字のキーが配列されていきます。

計算機のキー配列

電話と計算機のキー配列。なぜ違う配列になったのか?

それぞれの配列が違う順番に並ぶのはなぜなのか?

調べてみたところ、それぞれの規格の違いに原因があるようです。

電話のキー配列は、電気通信の技術や運用についての標準化を勧告している「TU-T(国際電気通信連合の中の電気通信標準化部門)」で決められているもので、国際的に統一された規格でキー配列されてます。

一方の計算機のキー配列は、ISO(国際標準化機構)で、コンピューターの数字ボタンとともに、統一された規格でキー配列されています。

電話と計算機はそれぞれ異なる標準化規格を採用しているために、別のキー配列のルールになってしまっているということのようです。

どちらもそれぞれ、ユーザー利用しやすいように、混乱を少なくするために規格を統一しているものと思われますが、日々利用するユーザーからすると、電話と計算機の様に、異なるキー配列を定める規格があることは、実に不便なことです。

さりとて、世界中に何十億台と広まっているであろう電話と計算機それぞれを、いまから統一することも、もはや難しいのかも知れません。

現実的には、ユーザー側で適応するしかないといったところなのでしょう。

●おまけ:電話の「*」印

電話機には数字のボタンの他に、「♯」と「*」のボタンが付いています。

」の方はシャープです。

」のボタンは、ずっと「コメ」と呼んでいました。

しかし、このボタン「スターマーク」と言う呼び方が正しいのだそうです。

また、記号自体の表記も、この投稿では、ここまで「×」に「|」を重ねた、「*(アスタリスク)」で記してきましたが、正しくは「×」に「-」を重ねた形になります。

スターマークとアスタリスク

このスターマークですが、パソコンで変換しても出てこない記号の様です。

そのためか、ほとんどのプッシュ式電話に付いている比較的にメジャーな記号ではありますが、

「コメ印」と称されたり、「*」と表記されるということが多いようです。

先ほどの規格化の話と関連しますが、電話の規格を定める際に、このあたりの記号も一般的な別の記号にしておけば、良かったのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

follow us in feedly