空色堂の研究室。空色堂ラボ。

iPhone バッテリー残量の表示を「%」(パーセント)表示に変える方法。

こんにちは、空色堂(@SorairodoJP)です。

iPhoneの画面の右上にバッテリー残量が表示されています。

先日、「iPhone5s iOS8.1でバッテリーの消費が早くなった!?」の記事を読んでいただいた方から、バッテリーの残量表示を「%」に切り替えたいという質問を受けました。

とてもカンタンな手順ですが、初めて変更する方は、見つけづらいこともあるかもしれませんので、記事にしておきます。

スポンサーリンク

手順

●1 「設定」をタップします。

ios_batteryindicator-01

●2 「一般」をタップします。

ios_batteryindicator-02

●3 「使用状況」をタップします。

ios_batteryindicator-03

●4 「バッテリー残量」をON(グリーン)に変更します。

ios_batteryindicator-04

これでiPhoneの右上に表示される、バッテリー残量が「%」で表示されます。

ios_batteryindicator-07

バッテリーの使用状況を確認する方法

ちなみに、先ほど変更した「バッテリー残量(%)」の上にある、「バッテリーの使用状況」を選ぶと、バッテリーの使用状況が確認できます。

ios_batteryindicator-05

ここで確認をすると、どのアプリがバッテリーを消費しているかがわかります。

ios_batteryindicator-06

使用時間の長いアプリが、上位に出てくるのはわかります、
しかし、普段使用している覚えがないのに、バッテリーを消費しているアプリがあったら、ムダにバッテリーを消費している可能性があります。

どのアプリが、どのくらバッテリーを使っているのか、気になる方は、確認してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

follow us in feedly